EasyLanguage研究所

マネックス証券が提供する株式トレード&分析ツール「トレードステーション」専用のプログラミング言語、EasyLanguageについて。特にオブジェクト指向型EasyLanguage(OOEL)の情報を中心に。

(Twitter)EL小ネタまとめ

【目次】「EasyLanguage小ネタ」まとめ

Twitterでつぶやいていた 「EasyLanguage小ネタ」も50を超えてきたので、 まとめ記事を用意することにしました。それで、ただ時系列にまとめるだけでは Twitterで見るのと変わりないので、 見やすいようカテゴリ分けてみることにしました。EasyLanguage小…

EasyLanguage小ネタ「ファイル出力」編

(2017.11.20 追記) Print命令でファイル出力 Print関数は文字列を印刷ログに出力できる機能ですが、実は1つ目の引数にFile("ファイルのパス")と書くと、出力文字列が入ったファイルを新規作成してくれます。 #EasyLanguagePrint( File("c:\test\data_001.…

EasyLanguage小ネタ「文字列操作」編

EasyLanguageにおける文字列操作関連の命令など。 文字列で改行やタブを扱いたい時は? Print命令などで改行やタブを扱いたい時。改行はNewLineが用意されていますが、タブは無い様子。でも実は「”」「Tabキー」「”」の順で入力すると、タブ文字として認識し…

EasyLanguage小ネタ「開発環境とデバッグ」編

EasyLanguageの開発環境やエディタの使い方、 デバッグ時に気をつけたいポイントなどをまとめました。 エディタのおすすめ初期設定 TradeStation開発環境のEasyLanguageエディター。とりあえず「ライン番号」と「フォントの大きさ」だけは設定しておくと見や…

EasyLanguage小ネタ「トレステ操作」編

EasyLanguageの話ではないですが、トレステの操作に関するTipsなど。 マウス操作無しで分析テクニックやストラテジーをチャートに追加するには? EasyLanguageではなくトレステの小技ですが、チャート開いている状態でコマンド「.IAT 英語の分析テクニック名…

EasyLanguage小ネタ「算術計算」編

数値の切り上げ、切り捨て、四捨五入 小数点以下を整数に丸めたい時は、Ceiling/Floor/Roundが使えます。正数の場合、Ceilingで切り上げ、Floorで切り下げ、Roundで四捨五入。Excelの数式に慣れている方ならおなじみの関数でしょうか? #EasyLanguage— しゅ…

EasyLanguage小ネタ「色関連」編

EasyLanguageで色を扱う2つの方法 EasyLanguageで色を使いたい場合は、「Red」「Green」「Blue」など予め用意された色定数を使う方法と、RGB関数を使う方法があります。RGB関数はR/G/Bをそれぞれ0~255の範囲で指定する形式です。 #EasyLanguage— しゅん@E…

EasyLanguage小ネタ「ストラテジー」編

ストラテジーで直近のエントリー価格を取得 EntryPriceは、直近のエントリー価格を取得してくれる便利な命令。「エントリー価格から何%の含み益で利益確定したい」ような場合には必須です。 #EasyLanguage— しゅん@ELプログラマー (@eltraders) 2017年10月…

EasyLanguage小ネタ「関数紹介」編

日本式ローソク足パターンの関数も充実 日本式のローソク足パターン用も結構用意されています。関数は C_ から始まるものが多い(全部?)です。例えば C_3WhSolds_3BlkCrows が赤三兵&黒三兵、 C_MornStar_EveStar が明けの明星&宵の明星、など。 #EasyLa…

EasyLanguage小ネタ「日時関連」編

EasyLanguageにおける、 日付や時刻などに関する小ネタをまとめました。 Dateから必要な部分だけを取得 Year/Month/DayOfMonth/DayOfWeek で、EasyLanguage日付の「年」「月」「日」「曜日」を取得できます。Dateが現在足のEasyLanguage日付なので、Year(Dat…

EasyLanguage小ネタ「文法」編

EasyLanguageの文法などに関する小ネタです。 変数宣言(Vars)は複数箇所で可能 変数を宣言するVars(VarやVariablesなども可)ですが、実はコード内の複数個所で記述できます。好みの問題もありますが、使う箇所が限定されるような変数は、使う箇所の近く…

EasyLanguage小ネタ「チャート描画」編

チャートに水平線を引く #EasyLanguage からチャート上に水平線を引きたい時は、HorizontalLineクラスが便利です。例えば「最終足の終値で水平線を引く」のも、こんな風に少ないコードで書けちゃいます。 pic.twitter.com/aOIDAFaRvh— しゅん@ELプログラマ…

EasyLanguage小ネタ「データ取得」編

足の価格を取得 足の価格を取得する基本。始値はOpen、高値はHigh、安値はLow、終値はClose。後ろに[N]をつけると過去の足情報も取得できます。Open[3]で過去3本前の足の始値、Close[10]で過去10本前の足の終値。 #EasyLanguage— しゅん@ELプログラマー (@…