EasyLanguage研究所

マネックス証券が提供する株式トレードツール「TradeStation」専用のプログラミング言語である、EasyLanguageについて。特にオブジェクト指向型EasyLanguage(OOEL)の情報を中心に。

関数の引数やクラスのプロパティの型(クラス)が分からない→そうだGetTypeを使おう

トレードステーション標準のマニュアルって、関数の引数やクラスのプロパティの型が「Object」になっている事、多いです。

Objectはあらゆるクラスの基底クラスなので、「実際の型(クラス)は何なの?」と調べたい時は、ObjectクラスのメソッドであるGetTypeを使いましょう。

ちょうどPriceSeriesProviderを使っている時に、「Data」や「Open」といったプロパティが何の型(クラス)なのか?という情報が必要だったので、以下のようにGetTypeの結果を印刷ログウィンドウへ出力してみました。

vars:
    PriceSeriesProvider oPsp;

//
// PriceSeriesProviderで
// 価格情報を取得する命令をごにょごにょ書く
//

Print(oPsp.Data.GetType().ToString());
Print(oPsp.Open.GetType().ToString());

<出力結果>
tsdata.marketdata.PriceSeries
tsdata.marketdata.DoubleSeries

このように、今回はPriceSeriesProvider関連で用意されているクラスである事が判明しました。

僕もすべてのクラスを把握しているわけではないので、よく分からない時はこのようにGetTypeで型をチェックするようにしています。

新たな処理の記述に使えるのはもちろん、そもそも知らなかったクラスの発見にもなるので、一石二鳥です。

GetType、ぜひ使ってみてください。