EasyLanguage研究所

マネックス証券が提供する株式トレード&分析ツール「トレードステーション」専用のプログラミング言語、EasyLanguageについて。特にオブジェクト指向型EasyLanguage(OOEL)の情報を中心に。

WebBrowserクラスを発見したので自作ブラウザをワークスペース上に表示させてみました

トレードステーションに初期搭載されているトレーディングアプリの中に「ブラウザ」があります。URLを入力するとそのページがワークスペース内で表示されるだけなので、正直これだけなら別でブラウザ開いていた方が良いです(笑)

しかし、オブジェクト指向EasyLanguageを調べてみると、WebBrowserクラスを発見しました。おそらく「ブラウザ」アプリもこれを使っているのだと思います。プロパティやメソッドやイベントも、.NET Frameworkと同じ感じですね。

以下、フォーム上のテキストボックスにURLを入力して「実行」ボタンを押すとページが表示される、単純なアプリです。(入力チェックや細かい例外処理は省いています)

フォーム設定

コントロール 名前
フォーム frmMain
テキストボックス txtUrl
ボタン btnButton
ブラウザ wbrMain


コード

using elsystem;

method void AnalysisTechnique_Initialized( elsystem.Object sender, elsystem.InitializedEventArgs args ) 
begin
	Try
		txtUrl.Text = "http://eltraders.hatenablog.com/";
		frmMain.Show();
		
	Catch (Exception ex)
		Print( "Error: ", string.format("{0} | {1}[StackTrace]{2}", ex.Source, ex.Message, ex.StackTrace) );
	End;
end;

method void btnRun_Click( elsystem.Object sender, elsystem.EventArgs args ) 
begin
	Try
		wbrMain.Navigate(txtUrl.Text.Trim());
		
	Catch (Exception ex)
		Print( "Error: ", string.format("{0} | {1}[StackTrace]{2}", ex.Source, ex.Message, ex.StackTrace) );
	End;
end;

動作イメージ
f:id:eltraders:20170701125138p:plain

これだけだとあまりメリットが無さそうですが、WebBrowserクラスのプロパティ・メソッド・イベントを活用する事で・・

  • ログインが必要なWebページへ自動ログインする
  • 表示したWebページから情報を読み出す(Webスクレイピング
  • 自作した他アプリと外部Webページの連携

などもできる・・はず!

WebBrowserクラス、さらに詳しく調べてみようと思います。